氷竜の創作部屋

創作(一次・二次混同)の中でも特に小説を掲載

竜医・幻想獣医の表面考察(?)

本当に表面的であり、専門的には突っ込んでいないことをお断りしておく。

・そもそも竜医師(幻想獣医師)とは何?
大陸包括的幻想獣医師・竜医師法によると「竜を含む地球上では伝説などとされてきた、いわゆる幻想生物の専門医である(要約)」となっている。
つまり、一般的に現実世界には存在し得ない、本やゲームの中だけに出てくる架空の生物を専門に診る医者。
例として、竜やポケモンなどがそれに該当する。


・竜医学、幻想獣医学とは?
獣医学が幻想(架空)生物に対応しただけで、あまり大差はない。
ただし、人間の医学をかじる場面も否めないので完全に獣医学の幻想(架空)生物対応版の学問とは限らないので注意。

・竜医師と幻想獣医師の違いは?
基本的に違いはない、竜医師も元は幻想獣医師であり、前述の竜医学も幻想獣医学の中に組み込まれている。
それがいつ、どのような形で分裂したのかは不明であるが、竜医学と幻想獣医学で派閥が存在していたことは事実。
今では2つとも同一の学問として扱われているが、今更竜医という言葉を消すわけにはいかないのでそのままという変な状態。
なので、大学の学部学科は「獣医学部」の「幻想獣医学科」と「竜医学科」になっている。

・竜医師(幻想獣医師)になるにはどういった道を進めばいいのか?
ドランザニア大陸で、竜医並びに幻想獣医の学部学科を持つのは、ドランザニア民主共和国のドランザニア共和大学(国立)、光竜王国セイグリッドのセイグリッド大学(王立)の2大学しかない。
そのため、倍率は普通の医学部や獣医学部の倍率の10倍ととんでもないことに。
医学部や獣医学部以上の狭き門であることは間違いない。
竜医学科、幻想獣医学科共に6年制の学科で、留年せずにストレートで卒業できるのは合格者の内約3%。
なお、医学部や獣医学部以上の狭き門であるにもかかわらず、この2つの学科の学生の退学率は2割弱とそれなりに多い。
それはなぜかと言うと、大半があまりのレポートの多さに追いつけずに留年を繰り返すうちにドロップアウトする他、手術実習などでSAN値直葬してドクターストップがかかって退学という2つのパターンが多い。
ちなみに、学費が払えずに退学する学生はそんなにいない。
それは、国(セイグリッドのみ)と幻想獣医学会が無利息奨学金(セイグリッドは貸与ではない)の制度を取っているから。
卒業見込みとなった時点で試験の受験資格を得ることが可能であるが、試験は1の月で合否発表の通知が3の月の卒業式直前となんとも鬼畜なスケジュール。
試験にさえ受かれば、免許を発行してもらい、はれて幻想獣医師となる。

・それらを束ねて管理している組織はいずこ?
大陸全土の幻想獣医師および竜医師の管理、幻想獣医師(竜医師)試験の作成etcを行っているのは、光竜王国セイグリッドに本部を置く「大陸幻想獣医学会」及びその傘下の「大陸竜医学会」や両大陸医師会である。
会長は、1000歳以上の賢竜で、次期会長候補をいまだに探してないのが現状。
竜医学や幻想獣医学の学会勉強会や論文発表の場の提供、学術誌の発刊もこの大陸幻想獣医学会が担当している。

・竜医(幻想獣医)になると制限されることとは?
職に関しては、特例を除いて竜及び竜以外の幻獣狩猟をすることは禁じられている。
それ以外は、何をしても自由。
ただし、医療行為上での過失以外で竜などを殺した場合(正当防衛などは除く)、免許はく奪の上厳しく罰せられる。

・竜医師、幻想獣医師免許の有効期限は?
一応定められているが、あまりも有効期限が長いので期限が来る前に死去するものも少なくはない。

・免許を紛失した際には?
免許を紛失した場合には、すみやかに大陸幻想綬医学会に届け出て再発行を受けなければならない。
紛失したまま医療行為をすると罰せられるので注意。

・免許がないが竜や幻想生物に対して医療行為をしたい場合には?
免許を持っている者の同伴及び指導がある場合のみにおいて、それらに対して医療行為を行うことが可能

・竜医と幻想獣医ならどんな科でも診れるのか?
一応診れるないことはないが、その分の知識は自分で付けなければならない。
全般的にではなく、ある科だけを特化して診る竜医や幻想獣医も居ないわけではないようだ。

・実際の所の竜医(幻想獣医)の数は?
100000人に1人くらいの割合でドランザニア大陸には存在する。

・幻想獣医(竜医)って足りてるの?どうなの?
実際のところ足りない、需要と供給のバランスが釣り合ったり不釣り合いになったり。

創作関係全般 |
| HOME |