氷竜の創作部屋

創作(一次・二次混同)の中でも特に小説を掲載

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

真夏の昼下がりのひと時

外が昇華しかねない暑さにもかかわらず、
快適な温度と湿度が保たれたゴルダの家の中。

そんな家の中で、
瑠璃夢の膝に座るミリシェンスよりも濃い紫の毛で満月のような黄色い目のカーバンクル。
その隣にはルーナの膝に座るアイレ。
床ではフウがレルヴィンにもたれてポケモンのムーンをプレイ中。
ミリシェンスはユウとマティルーネと共にブレイクタイム。
ヘフィアは家中の刃物を研ぐ作業をしていた。

「しかし、お前がこんなかわいい姿に変身できるとはな」

「俺とて色々ある、追求するな。あと額を触らないでくれ」

クックと笑いながら、膝の上の濃い紫毛のカーバンクルことゴルダを撫でる瑠璃夢。
ゴルダは瑠璃夢の手が自分の額に宿るアメジストこと核石に触れようとしたので、
額に触るなと言ったが瑠璃夢はお構いなしに触れる。
それに一瞬ビクッとしたゴルダは瑠璃夢の手を掴んで

「やめろ、俺でも不意打ちはたまにはびっくりする」

今一度やめろと強めに鋭い目付きをしながら言う。

「なんじゃ、アイレは触っても平気だと言うのにつまらぬの」

それに瑠璃夢はアイレなんともないのにつまらんと不満を漏らし、
掴まれていた手を振りほどく。

「瑠璃夢さん、この世界のカーバンクルたちは下手に額の石を触られるのを良しとしないんですよ。魔力制御が乱れるとかで」

そこへルーナがフォローを入れるように触ってはいけない理由を説明。
瑠璃夢はそれでも納得いかないような様子で

「そこまで触られるのが嫌なら私もう触らん。確約はできぬが。だが私の膝には座れ」

渋々触らないことに了承するも、
膝には座れとそこは譲らなかった。

「あっ、アローラロコンの色違い」

フウの一言にゴルダはピクリと耳傾け、
瑠璃夢の膝から降りてフウの3DSを覗く。
確かにそれはアローラロコン色違いで、
色違いを示す星もついていた。

「色違いはやれそれ出る代物じゃないからな」

「やったー」

なんだかんだでムーンを殿堂入りまでクリアしたフウが始めたのは、
野生で手に入る伝説や幻を除いたポケモンの色違い集め。

ネットなどを使ってコツコツとではあるが、
集まってはきてはいるようである。

「あれがソシャゲだったら、とんでもないことになってるわね」

アローラロコン色違いではしゃぐフウを見て、
ミリシェンスはあれがソシャゲだったらどうなっていたか分からないと話す。
「使う人はいくらでも使うみたいですね、ちょっと怖いです」

ミリシェンス一言にユウは、
ソシャゲに際限なく注ぎ込める者が怖いと返す。

「種類と腐ってる以外の状態問わずの、人参というか野菜ガチャがあったらいいのに」

2人のソシャゲのガチャの話に反応したのだろうか、
マティルーネが人参もとい野菜ガチャでもあればいいのにと呟く。
それに対しユウは苦笑いし、ミリシェンスはそれはそれでと言いたげな顔をしながらコーヒーを飲む。

「これ、私の膝に戻れ」

「もう十分だろう?」

フウとポケモンをし始めたゴルダに瑠璃夢は膝に戻れと言うが、
ゴルダは本来の人の姿へ戻り、もう十分だろと断言。
だが瑠璃夢はまだ満足してない様子である。

「あー、なるほど。これは簡単に満足しないね」

クェムリーヴェスが瑠璃夢に探りを入れたらしく、
簡単に満足するはずがないと断言。

相変わらず不満げな顔をする瑠璃夢にゴルダはいつものように

「雪見だいふくで手を打とう。俺もあの姿は気に入っているがあのままずっとというのは厳しい」

ともかく瑠璃夢をどうにか文句を言わせないようにしようと、
雪見だいふくを出そうと言ったが瑠璃夢は首を横へ降り

「今日はその手には乗らぬ。私の膝に戻るか居座られるかを選ぶがよい」

膝に戻るか居座られるかを選べと言い出す。
それを聞いたクェムリーヴェスはゴルダに

「遅かったや。今日はいつもと同じ手が通用しないよって忠告しようしたのに」

いつもと同じ手は通用しないと言おうとしたが遅かったと話すが、
クェムリーヴェスの場合最初から言う気などなかったことをゴルダは知っていた。

「ダメですよ瑠璃夢さん、ゴルダさんを困らせちゃ。変身能力って意外と魔力使うから難しいんだよ。下手すれば元に戻れなくなるってシアさん言ってたよ」

すると、今の今までルーナの膝の上でボーっとして黙っていたアイレが唐突に瑠璃夢へ向けてそんなことを言い放つ。
予想外の者からの一言に、
瑠璃夢は一瞬たじろいだがすぐ何事もなかったかのように

「そこまで言うなら、お前が私の膝に来い。私を満足させてみるがよ」

アイレに自分の膝へ来いと膝をポンポンと叩いて促す。

だがアイレは渋い顔を投げかけるだけで拒否。
瑠璃夢も知っていたと言わんばかりの顔をしてから

「仕方ない。雪見だいふくで勘弁しようではないか。だが条件がある。私にそれを食べさせるのだ。膝の上で」

雪見だいふくで勘弁するが、
膝の上で自分に食べさせろという我儘な条件を押し付けてきた。

「それでお前が満足するとは思えんのだが、本当にそれでいいのか?」

ゴルダの問いに瑠璃夢は今さら何をと言わんばかりの顔で

「早くやるがよい」

早くしろと催促。

ゴルダはそれに分が悪そうな顔をしながら変身能力を発動。
次の瞬間ゴルダ居た場所には濃い紫毛で満月のように黄色い目、アメジストを額に宿したカーバンクルがそこには居た。

「一瞬で変身出来ちゃうんですね」

変身したゴルダを見てのルーナの一言を軽い頷きで流し、
台所の方へと歩いていくゴルダ。

「妙だな、買い置きがあったはずだが」

冷凍庫を引っかき回すゴルダに、
見かねたミリシェンスが奥の方にあった雪見だいふくを差し出す。

「最近こっちの世界で作られなくなって、全部日本からの輸入になってるのよね」

ミリシェンスの「最近は買うと高い」という、
遠回しな一言をこれまた首を縦に振る返事で済ませたゴルダは瑠璃夢の元へ。

「早くするのだ」

せかす瑠璃夢にゴルダは待てと制し、
無表情な顔で瑠璃夢の膝にふわりと座って開封。
中には餅に包まれたバニラアイスが二つ、
若干の白い煙を上げて白い餅の肌をさらけ出していた。

「そしてこれを、こうする」

次にゴルダが取り出したのはなんの変哲もない皿にナイフ。
その皿に雪見だいふくを取り分け、
ナイフでさらに切り分ける。

「私の取り分が少ないのだが」

そんな文句を言う瑠璃夢にゴルダは切り分けた一つを取り、
瑠璃夢の口に近づける。

瑠璃夢は自分の言いだしたことなので黙って口を開け、
ゴルダが近づけた雪見だいふくを受け入れた。

「溶け始めてるが、美味じゃの。もっとだ」

一欠片で満足するとでも思っていたのかと言わんばかりに、
美味とは言いつつも次を要求する瑠璃夢。

そして二欠片目を口に入れた後、
ゴルダは瑠璃夢の膝に座ったままアイレとルーナに

「お前達も口開けろ、食わせてやるから」

食わせるから口を開けるように言う。
アイレとルーナは言われた通りに口を開けていると雪見だいふくが入れられる。

いきなり口の中へ雪見だいふくを入れられ、
アイレもルーナもぽかんとしたものの、
口の中で溶けて広がる甘さに思わず顔がほころぶ。

「うまいか?」

ほんのりと口元に笑みを浮かべ、
うまいかとゴルダに聞かれた2人はそっと頷く。

「それは良かった」

無表情かつ怒り以外の表情を見せたことのないゴルダが、
カーバンクルの姿ではあるものの笑顔を見せたことで瑠璃夢はそんなゴルダを思いっきり抱きしめる。

「やめろ」

いきなり抱きしめられれてびっくりしたのだろうか、
やめろと言ったゴルダに瑠璃夢は頬ずりをしながら不敵に笑い

「私がかわいいものに目がないことは知っておるだろうに」

と言ってまた額を触る。
するとどうだろうか、魔力制御に異常をきたしたらしくゴルダは黄昏たような状態に。

「だっ、大丈夫ですか?ゴルダさん」

それを見たルーナが慌てて声をかけるとゴルダは手を追い払うような仕草をした。
問題ないということらしい。

「やっぱり触らない方がいいよ」

アイレに触らない方がいいと言われた瑠璃夢は少し考えてから、
急にアイレも引き寄せてゴルダと一緒にまた抱きしめる。

「お前達、今日は私のところに泊まれ。異論は認めぬぞ」

その直後の瑠璃夢の一言にゴルダとアイレは

「きついジョークだ」

「えー?」

それぞれ苦笑いに困った顔をした。
だが瑠璃夢はそんなことはお構いなしに2人を連れて行ってしまったという。

テーマ:自作小説 - ジャンル:小説・文学

小説(交流) |
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。