氷竜の創作部屋

創作(一次・二次混同)の中でも特に小説を掲載

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

避暑とフォルテの森

夏も最盛期に差し掛かったある日のフォルテの森。
いつものように過ごすバウムの足元では、人化したシアとゴルダとフィルスにマティルーネとルーエという珍しい組み合わせが何かをしていた。
具体的に何をしているのかというと、水の魔力もとい氷の魔力を駆使してアイスを作っている。

「なぜにそのようなものを?」

バウムの問いに、ゴルダは何も答えずただただ携帯冷凍容器の中に入ったアイスの種をかき混ぜている。
この携帯冷凍容器は、水あるいは氷の魔力を使って容器の中の物を冷凍あるいはそれに近い状態に維持するという魔道具の類なのだが、少々古いものなので定期的に水か氷の魔力を送らなければならない。
そして、その容器に魔力を送っているのは最近水の魔力が覚醒した他でもないフィルスだ。
一応シアも魔力を送ってはいるのだが、バウムをもふもふしているのであまりあてにはならない。

「なんでこんなところでアイスを作ろうと思ったの?」

今度はルーエから聞かれるが、ゴルダはやはり何も答えずにただアイスの種をかき混ぜる。
普通ならここでマティルーネが人の話は無視しないと小言を言うはずだが、マティルーネはスノーウィーとどこかへ行っていていない。
かと言ってフィルスは、魔力を時折送る以外は魔法書に没頭しているので何を言うわけでもない。
この状況から、ゴルダに何を聞いても無視されると思われがちではあったが

「涼しい場所で冷たいものを食う、それに何か問題があるか?」

というもっともらしい一言を言った後に、今までかき混ぜていたアイスの種がアイスになったことを確認して盛り付け始める。
盛り付ける際にカチャカチャと音がしたためか、フィルスは魔力を送るのをやめて完全に読書の世界へと入り込んだ。

「わーい、アイスだ」

そう言ってルーエは盛り付けられたアイスを受け取り、食べ始める。
一方シアとバウムは、はて?という顔をしてしばらく盛り付けられていたアイスを見ていたが、それぞれ食べ始めた。
もちろん、バウムはもう一つの姿になってたが。

「おい、溶けるぞ」

ニコニコしながらアイスを食べているルーエを尻目に、ゴルダは魔法書に没頭しているフィルスに早く食べろと促す。
早く食べろと促されたフィルスは、わかったよと言わんばかりの顔をしてからアイスを口にする。
アイスそのものは甘さ控えめの何の変哲もないものだったが、それに万年桜のジャムの程よい甘酸っぱさがアイスの味を引き立てるという一品だった。

「ちょっと万年桜のジャムの主張が強いかな」

「でも悪くはない」

ルーエとフィルスのそんな会話を聞いて、ゴルダはそれはよかったと言いたげな目線を投げながら、シアとバウムを見る。
シアは豪快に食べているのに対し、バウムはちまちまつついて食べているので食べるよりも溶けるスピードの方が速かった。

「食べるより溶ける方が早いとはこれいかに」

「致し方なかろう、元の姿なら一口にも満たない」

こうしてフォルテの森の夏の日は過ぎていくのである。

テーマ:自作小説 - ジャンル:小説・文学

小説(交流) |
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。