氷竜の創作部屋

創作(一次・二次混同)の中でも特に小説を掲載

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

その日を過ぎても何かしたい

2の月のお返しの日など、とうの昔に過ぎ去った3の月のある日。
ゴルダは牧場の畑と自宅の畑、両方の春先に植え付ける野菜などの準備に追われる毎日を送っていた。
幸か不幸か、今はハーキュリーが居るので人手はなんとか足りていたものの、それでも忙しいものは忙しい。

「終わったぞ?」

「そうか、手洗って休んでろ。俺はまだやることがある」

さきに苗の植え付けが終わったハーキュリーに終わった報告をされ、ゴルダは先に休んでろと伝えて、自分はまだまだ減らない野菜の苗の入った籠を担ぎ上げて何も植えられてない箇所へ行く。

「むー…」

ハーキュリーはどこか納得のいかない顔でマティルーネを連れて牧場の敷地にある小さな家へ。
この牧場には、ゴルダの分身が常に3人居て、その3人でどうにかこの牧場切り盛りしている。
だが、ハーキュリーが家へ入った時には分身達は皆仕事中らしく居なかった。

「そういえば今年はバタバタしてて何もゴルダにあげてないなー」

勝手に茶を淹れて一休みしながら、ハーキュリーは今年のバレンタインのことを思い出す。
今年はゴルダがその時期に地球へ異界出張へ行っていたために何もあげられず。ハーキュリー自身もゴルダの名を借りるという前提で自分が出来る範囲での依頼を受け始めたので、バタバタしてバレンタインのことが頭から抜けてしまっていたのだ。

「遅れてでもいいから何かしらのことはしたいなー」

「無理にするものでもないでしょうに」

何かしらのことをしたいと言うハーキュリーに、マティルーネは無理してまでするものじゃないと諭す。
もちろん、マティルーネもハーキュリーを諭しても無駄なことくらいは理解しての発言だが。

「マティルーネはいいかもしれないが、私の場合良心がそれを許さないんだよ」

というハーキュリーの返しには、マティルーネはふーんと興味が無さそうに聞き流す。

「どうしよっかなー」

考えてもすぐには解の出ない問題を考えながら、ハーキュリーはゴルダに何をしようか考えるのであった。

そして帰宅後。
自分専用に買い与えられたパソコンで依頼メールが入ってないかを確認しながら、ハーキュリーはネットでなんやかんやとゴルダに何をしようかと探す。

「何かをあげるのは焼き直しな感が強いし、かと言って何かをす…ゴルダ相手じゃ無理だなー」

などと呟きながら、メールを返しながら調べ物をするハーキュリー。
2画面環境だからこそなせる技である。
本当は3画面にするつもりだったが、ハーキュリーが2画面でいいと言ったのでこの状態に落ち着いている。

「うーん」

そうこうしてハーキュリーが悩んでいる一方で、ゴルダはというと

「ギリギリか」

植え付けのスケジュールの進捗具合を計算し直し、今月中に終われるかどうかの判断をしていた。
ちなみに、計算の結果はギリギリ。
もはや1日の余裕すらない状況だ。

「無茶し過ぎてない?」

コーヒーを持ってきたミリシェンスに言われて、ゴルダはそうでもないと返すがミリシェンスは

「ハーキュリーも居るんだから頼りなさいよ、自分だけで仕事抱えて潰れるなんて愚の骨頂よ」

時には誰かを頼れと、日頃から言っている言葉を投げかける。

「まだその時ではない」

それに対してゴルダは、まだその時ではないと一蹴してミリシェンスを呆れさせた。

時は変わって夕食時。
今日はゴルダが作る日だったので、ミリシェンスは任せっきりにしていた。
なお、今日のメニューはクラムチャウダーにガーリックトーストとサラダという、ありきたりといえばありきたりなもの。
そしてワインを飲みながら食事しているゴルダを、ハーキュリーは悟られない程度にじっと観察していた。

「今日もいつもと変わらないな」

そう思いながら食事の傍ら観察を続けていると、突然ゴルダが違和感を感じた時にだけ見せる顔をしたので、ハーキュリーはうん?と思い

「どうしたゴルダ?」

あくまでもさりげなくどうしたのかと聞く。
するとゴルダは

「筋肉痛のようだ。もっとも俺は痛覚がないから違和感しか感じないが」

筋肉痛だと返し、首や肩を軽く回す。
ゴルダが筋肉痛であるというのを聞いて、ハーキュリーの頭上で閃きの電球が光った。

「私が風呂の後に揉んでやるよ」

自分が揉む。
それなら大した手間もかからずに、バレンタインに何もできなかったことを清算できるとハーキュリーは考えたのだ。
それにゴルダはふうむと頷いて

「何を考えてるかは知らんが、その好意は受け取ろう」

あっさり了承してくれた。
ハーキュリーはこれに内心やったぜと、とあるクイズ番組で正解して自慢げにポーズを決めた解答者と同じポーズを取る。

「じゃ、さっさと風呂入れよな?」

「言われずとも」

夕食中、ゴルダとハーキュリーの間でこれ以上の会話はなかったとか。

そして夕食後。
わくわくしながらゴルダが風呂から上がるのを待つハーキュリー。
揉むだけなので、やましい考えはないと言えばないが、あると言えばあった。

「楽しみだなー」

そうこうしている間に、ゴルダが風呂から上がってきた。
いつ急な依頼が入るかも分からないので、服装は相変わらずだったが。

「さあゴルダ。こっち来いよ」

ハーキュリーがこっちへちと手招きして、ソファに座らせようとした瞬間。
空気の読めないゴルダの携帯が鳴る。

「はいゴルダ。…そうか、すぐ行く」

どうやら急な依頼が入ったらしく、ゴルダはハーキュリーに

「帰ってきてから頼んだぞ」

と言って颯爽と出掛けてしまう。

「どうしてこう運命って無慈悲なんだろうな?」

「そんなものよ」

やや放心状態でそんなことを呟いたハーキュリーに、マティルーネはそんなものよと慰めになるかどうかも分からない言葉を投げかけた。

なお、ハーキュリーはちゃんと後でゴルダのマッサージはできたので何ら問題はなかったという。

テーマ:自作小説 - ジャンル:小説・文学

小説(交流) |
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。