氷竜の創作部屋

創作(一次・二次混同)の中でも特に小説を掲載

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

潜入するバレンタイン

今日は年に一度の菓子やそれ以外のものをあげたりもらったりする日である。
本来ならば補佐官なり何なりに菓子を貰っているであろう輝星と昏黒は、セイグリッドにやって来ていた。

「今日は静かにしていたかったのだが…」

「そんなこと言わないでよ〜」

乗り気ではない昏黒などおかまいなしに、輝星は城の方へと歩みを進める。
輝星と昏黒ではあからさまな体格差があるはずなのに、輝星は昏黒を若干引きずるような感じで引っ張っているがこれがどういう理屈でなのかは不明。

「乗り気になれぬな」

一方その頃城では、アルカトラスがシアやサフィらが朝から厨房にこもりっきりなのでそれが気になり、仕事に集中できないでいた。

「今日がそういう日であることは把握してはいるものの、気になるものは気になる」

などとアルカトラスが言っていると、今日はサフィの代理を務めているメイドが入ってきて

「アルカトラス様。輝星様と昏黒様がお見えです」

輝星と昏黒が来たことを知らせる。
アルカトラスはそれを聞いて我に帰り、メイドにここへ連れてくるよう伝える。

「承知しました」

メイドはそう言って部屋を出る。
アルカトラスは輝星のことなのでチョコをもらいに来たのだろうと勘ぐった。

「アルカトラス様こんにちは」

「上がらせてもらっている」

いつもと変わらぬ様子でやって来た輝星と昏黒を、アルカトラスはこれまた普通に出迎える。
やがて、先ほどのメイドが茶を運んできたのだが、その際に輝星が

「あれ?サフィは?」

本人からブランクでいいと言われているので、輝星は呼び捨てでサフィ居ないのかと聞く。
するとアルカトラスは

「朝食後から厨房にこもりっぱなしでな。我は門前払いされて入れぬ。だが輝星、汝ならば許可されるかもやしれぬ」

厨房に居ると答える。
すると、輝星はちょっと行ってくると言わんばかりにアルカトラスの部屋を走って出て行ってしまった。

「相変わらずだ…」

「それより、汝は茶は飲むか?」

輝星の行動の臨機応変さに圧巻される昏黒に、アルカトラスは茶を飲むかどうかを聞く。
それに昏黒は軽く頷き、カップを差し出した。

その頃、厨房へと行った輝星はというと

「そーっ…」

入り口の「許可者以外本日立ち入り禁止」の張り紙にも目もくれず、厨房の中を扉を少しだけ開けて覗く。
中では案の定、サフィやシアに他のメイドがせわしなく動いていた。

「何作ってんだろう?」

どうにか気付かれないように厨房の中へ入れたので、輝星は死角を探してはそこへ移って様子を伺うを繰り返す。

しばらく様子を伺っていると、サフィとシア以外にイファルシアとアルガティアの姿も確認できた。
もちろん、イファルシアもアルガティアもこちらには一切気付いては居ない様子だが、アルガティアだけは気付いているが気付いてないふりをしている可能性もある。

「チョコじゃないお菓子作ってるなあ。何だろ?」

と言って、輝星がギリギリ見つからないレベルで調理台から身を乗りだそうとした瞬間。
近くにあったボウルに手が当たり、そのまま床へ落下。
その際、大きな音が出て近くにいたメイドがこちらを見たが、輝星は間一髪で身を隠す。
だが、

「何やってんのよ?」

メイドの近くにいたイファルシアに覗き込まれ、見つかってしまった。

「しーっ」

輝星はイファルシアに黙っているように言ったが、イファルシアはそれを聞き入れてはくれず、サフィに輝星が厨房に入り込んでいることを伝える。

「見つかっちゃった…」

「あなたなら入り口ノックすれば普通に入れたのに、どうしてこう潜入任務みたいなことするのかしらね」

遠まわしに入り方が回りくどいとサフィに言われ、輝星はただ笑うしかなかった。

「まあいいわ。入って来たのは仕方ないし、シアでもアルガティアでもいいから付いて一緒に作りなさい」

「はーい」

誰にでもいいからついて一緒に菓子を作れと言われて、輝星は黙々と生チョコケーキを作っているシアのそばへ行き、一緒に作ろうと持ちかける。

「ええ、どうぞ」

「シア様ありがとう」

輝星はこうしてシアと生チョコケーキを作ることにした。

「闇と光は対のはずなのに…」

「夜があるから朝がある、朝があるから夜がある。そういうことだ」

輝星が居なくなったため、アルカトラスと沈黙の時間を過ごすのも何だかなと思った昏黒は、ちらほらとアルカトラスと会話を交わす。
対となる属性であるはずのアルカトラスがここまで自分に親身になって話をしてくれので、昏黒はどこか安心していた。

この後、輝星が王子らと補佐官分のチョコケーキを持って来たので、昏黒は輝星とそれを持ち帰って雨月たちにも渡したという。
無論、シアからという名目で。

テーマ:自作小説 - ジャンル:小説・文学

小説(交流) |
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。