FC2ブログ

氷竜の創作部屋

創作(一次・二次混同)の中でも特に小説を掲載

投げてゲット

リフィル城の裏山のとある場所。
そこでイファルシアとラトレナスとエゼラルドにルナリア、そしておまけ程度にゴルダが居た。
何をしているのかと言うと、それは目の前にある謎の蔦から下がっている木の実。
色はやや茶色ががっており、表皮はとても固そうだ。
大きさは、小岩ほどはあるだろうか。
それをなぜかイファルシアは欲しがっていいて、ルナリアとラトレナスに手裏剣を渡して取れと言い出した。

「にゅ、難しいと言うより無理」

「あんなの落ちたら危ないんじゃない?」

手裏剣をイファルシアに渡され、蔦とその木の実を見てラトレナスとルナリアは無理じゃ無いかと言って、一行にやろうとしない。
ゴルダとエゼラルドは、イファルシアがなんであんな木の実を欲しがっているのかが謎だと遠回しに傍観。
やがて

「こうするのよ」

いつまで経ってもやろうとしない2人にカチンと来たイファルシアは、自分の分の手裏剣を取り出して投擲。
しかし、カチンと来た勢いに任せて投げたので手裏剣は見当違いなところへ飛んで行き、何処かの木に刺さった。

「全然ダメじゃないー」

ここでようやく投げる気になったのか、ルナリアが手裏剣を投擲。
しかし、ルナリアが投げた手裏剣はなぜか大きくカーブしてゴルダの方へ。
当然ながら、ゴルダはその手裏剣を人差し指と中指で受け止めてルナリアへ返す。

「おかしいな」

と言いながら、ルナリアはまた手裏剣を投擲したが、またカーブしてゴルダの方へ。
今度はゴルダも掴んで受け止めるとそのまま握りつぶした。
それを見たルナリアは

「何するのよー」

とイファルシアに新しいのを出すように言うが、イファルシアは


「1個だけって言ったじゃない」

1個だけだという話だと言って、出すのを拒否。
そしてそのまま互いに睨み合いの状態に。

「私が投げる」

すると今度はラトレナスが手裏剣を投擲したが、投げた手裏剣はパッと突然消えて無くなった。
それを見たゴルダは

「何をどうしたらこうなるんだ?」

とラトレナスに聞く。
するとラトレナスは

「ふえぇ…」

と言うだけであった。

ここで、普通に蔦を引きちぎったりして取ればいいのではと思われがちだが、イファルシア曰く、この木の実にはそういう手が通用しないとのこと。
何でも、蔦を引きちぎろうとすると蔦から毒棘が生えたり、直接木の実を触って取ろうとしたらつるつる滑って取れないとか。

「第一、そこまでして取った木の実は何に使うやら」

ゴルダの一言に、エゼラルドは

「うーん、何だろうね。この手の木の実はあまり見たことないから分からないかな」

あまり見たことがないので分からないと答えた。
なお、イファルシアとラトレナスは、今だに睨み合っている。

「いつまでやってるんだあいつら」

ゴルダはそう呟くと、どこからかナイフを出してそれを木の実と蔦の境目辺りに投擲。
すると、木の実はゴルダが投げたナイフで蔦から切り離されて睨み合っているイファルシアとルナリアの頭上になぜか2つ落下。
イファルシアは気付いてすぐにキャッチしたが、ルナリアは気付かずに頭に命中。

「むー」

その仕業がゴルダだと分かるや、ルナリアはレールガンを放つ。
しかし、自然を壊すのを恐れて威力を相当抑えて放ったようで、ゴルダはあまりダメージは受けていなかった。

「おにーたんの意地悪」

その後、ゴルダはルナリアにポカポカと殴られたとか。

テーマ:自作小説 - ジャンル:小説・文学

小説(交流) |
| HOME |