FC2ブログ

氷竜の創作部屋

創作(一次・二次混同)の中でも特に小説を掲載

王立諜報機関へようこそ

それは、サフィからメールではなくアルカトラス直々の手紙が始まりであった。
その手紙には

「汝にとても重要な話がある、すぐにセイグリッドへ来るように」

と書かれていて、一番下にアルカトラスのサインと前足の印が押されていた。
ゴルダは一体何なんだとは思いつつも、アルガントを連れてセイグリッドへ。

「アルカトラスなら書斎」

セイグリッドへ行くといつものようにサフィが出迎えたが、今日はなぜかいつまで待たせる気よという雰囲気を醸し出している。
ゴルダはアルガントをシアの所へ連れていくようサフィに頼み、自分は先に書斎へ。
書斎の前では警備兵が立っていたが、ゴルダを見ると中へ通した。
中へ入ると、アルカトラスはゴルダに

「閉めよ」

と言って扉を閉めさせ、自分の前へ座らせた。
その数分後にサフィとなぜかバハムードにアルガティアまでやって来て出されていた椅子に座る。
ここまで何が何だかさっぱり分からないゴルダはアルカトラスに

「爺さん、一体何がしたい?」

と痺れを切らして聞く。
するとアルカトラスは、4人に向かってこう言う。

「ここ最近、新たな世界と繋がる頻度が上昇しているというのは存知ているだろう。我はそれ問題視している」

それにアルガティアだけが頷き、ゴルダとバハムードとサフィはぽかんとする。
しかし、3人ともよくよく考えればそう言うことかと遅れて頷いた。

「何故問題視しているか?そう、繋がる世界によっては侵略しようと企てているなどろくな世界があることも無いとは言い切れぬ」

繋がる世界が増えるほど、被侵略のリスクは高まるというのを言われ、4人はなるほどと同時に頷く。
そしてアルカトラスは、1つの資料を出すと

「そこで我は、王立諜報機関。正式には大陸諜報機関を設立した。しかしこれは事前に危うい世界をシャットアウトすることが目的であり、こちらが侵略するために使うものではない」

王立諜報機関もとい大陸諜報機関を設立したと言い放つ。
ここまで来れば察しがつくだろうが、4人が呼ばれた理由、それは

「汝ら、4人が中心メンバーとなり。この諜報機関を動かしていくのだ」

諜報機関のメンバーに抜擢されたからであった。

「では、仕事がある時は呼ぶ。頼んだそ」

そう言ってアルカトラスは解散させたのだが、ゴルダだけは残ってアルカトラスを見据えている。
何を自ら聞くわけでもなく、ただアルカトラスが話しかけて来るのを待っていた。
そして、ようやく

「自分から聞いてこぬか、何を聞きたいのだ?」

とアルカトラスが聞いてきたのでゴルダはこう聞く。

「繋がる世界が増えたところでさほど気にしなかったのに、今さら気にするのが気にかかる。どうしたんだ爺さん?」

今さら気にするのが気にかかるのでどうしたのかと聞かれ、アルカトラスは尻尾をパタパタさせながら

「つい最近、新たに繋がった国の者が書簡送って来た上にこっちへ来てな。それでだ」

と返す。
ゴルダはそれに追求せず、分かったと言ってそそくさと帰って行った。
そしてゴルダが帰った後。
アルカトラスはややため息混じりにとある書類を出して

「全ての世界がこのように上手くいくとは限らぬのだ」

と1人呟いた。

テーマ:自作小説 - ジャンル:小説・文学

小説(一次) |
| HOME |