FC2ブログ

氷竜の創作部屋

創作(一次・二次混同)の中でも特に小説を掲載

もらったらお返しを

3の月のある日、ゴルダはサフィのところに居た。
何をしに来たのかというと、先月のチョコのお返しである。
なお、渡したのは異界のそれなりの値段のするワインだ。

「ちゃんとお返ししてくれるあたり、あんたも真面目というかなんというか」

「礼はするためにあるんだろうが」

「ふーん」

サフィをあまり興味なさそうな顔で見ているマティルーネをよそに会話を続けるゴルダとサフィ。
だが、サフィはふーんと言った後に

「じゃ、私は忙しいからこれで」

「ああ」

そう言ってサフィと別れたゴルダは、今度はスリュムヴォルドの方へ。
エルフィサリドも一応、よくわからないチョコではあったがチョコをくれたのでこれまたお返しに行くようだ。
だが、スリュムヴォルドへ行ってもエルフィサリドの姿は見えず、たまたま城の周辺に居たニフェルムにどこへ行ったのかを聞くと

「理由は知らない、けど海に行ってる」

海に行っていると教えてくれたので、漁港の方へ行ってみることに。

「どうした、潮風は嫌いか?」

漁港に近づくにつれてこれまた嫌な顔をし始めたマティルーネにゴルダはそう聞く。
するとマティルーネは軽く顎のあたりをゴルダの頭にコンコンと打ち付けて頷いた。

「ま、そのうち慣れるだろうよ」

ゴルダは嫌そうな顔をするマティルーネにそう言って、そのまま漁港の方へ。
すると、エルフィサリドが向こうからやって来て

「あらあら、私に用事?」

「こんにちは、とでも言っておこうか?それより渡したいものがあるから城の方へ行かないか?」

「ここで渡せないの?」

といつもの調子で尻尾で頭を叩いて挨拶しようとしたが、頭に乗っていたマティルーネに気が付いてすぐにやめる。
そしてゴルダはいつもの調子で両手を顔の前で合わせて挨拶をし、エルフィサリドに城の方へ行こうと言う。
だがエルフィサリドは、なんで?という顔をしてその場に突っ立つ。

「大っぴらに渡せないものなんて沢山あるだろうが、ほら」

辺りにいた市民の一部が、何だ?という顔をしながらこちらを見てくるようになったので、ゴルダは城の方へ行こうと遠まわしに言う。
これで何を渡されるのかに感付いたエルフィサリドはなるほどねという顔をして

「分かったわ」

と言ってゴルダの後についてきた。

そして場所は変わってスリュムヴォルド城のエルフィサリドの自室。
エルフィサリド本人は、何をくれるのかしらとどこかわくわくする子供のような雰囲気を出している。

「先月のお返しだ」

と言って、ゴルダが出したのは干した貝柱とアワビ。
どちらも異界のもので、品質はそれなりにいいものだ。

「どういうことかと思ったら…それであのチョコのお味はどうだった?」

「悪くはなかったぞ、むしろうまかった」

「ならよかったわ」

なおこの後、ゴルダは渡した貝柱とアワビを食べさせられたとか。

テーマ:自作小説 - ジャンル:小説・文学

小説(一次) |
| HOME |