FC2ブログ

氷竜の創作部屋

創作(一次・二次混同)の中でも特に小説を掲載

3倍もふもふ

初夏がようやく訪れ始めたリヴァルス。
春の頃に比べて、吹雪が吹く頻度も落ち着いて観光するにはもってこいの季節になりつつある。
実際、リヴァルスには異界の暑い地域から避暑に来る者が一番多かったりする。

「寒い」

「そらそうだ」

そんなリヴァルスの雪原の中で、ゴルダはフィルスとアルガントを連れてシェリスの所へ向かっていた。
何故フィルスが着いて来ているのかというと、当の本人にリヴァルスウルフを見てみたいと言われたから。
アルガントはなぜか一緒に行きたいと言ってきたので、連れて来たまでである。
やがて、リヴァルスウルフが寝床にしているエリアまで来るとシェリスの配下らしき3匹が現れてアルガントとフィルスのにおいを嗅ぎ出す。

「何してるの?」

フィルスに聞かれ、ゴルダは敵意がないかを確認していると説明。
一方のアルガントは完全にビビっていたので、ゴルダは3匹にこいつを泣かせるなよと一応忠告。
3匹は、ゴルダを善処はするという目で見てから嗅ぎ終えた。

「行くぞ」

3匹がフィルスも嗅ぎ終わったのを見計らい、ゴルダはシェリスの所へ案内するよう言って、フィルスとアルガントにも行くぞと言う。
そしてやって来たのは、シェエリスが率いる群れが住んでいる森の中の少し開けた場所。
シェリスは、そこでゴルダを今日も遊んでくれるの?という目で見ていた。

「その2人は友達?」

シェリスに聞かれ、ゴルダは似たようなもんだと答えるついでにアルガントとフィルスをシェリスに紹介。
するとシェリスはアルガントの方へ近づき、イタズラ半分に唸って威嚇した。
アルガントはそれにかなり驚いたようだが、負けじと八重歯を見せて威嚇し返す。

「面白い子」

威嚇し返されたシェリスは、アルガントにそう言って今度はフィルスの方を見る。
しかし、シェリスは数秒フィルスを見ると思ったとおりと呟いてゴルダに向き直った。

「どうした?」

まるで知っているかのようなそぶりのシェリスに、ゴルダはどうしたと聞く。
シェリスはそれに

「だって、カーバンクル種は昔見たことあるもの」

と返す。
ゴルダとフィルスは同時にどういうことだと思い、顔を見合わす。
ここでシェリスは、遊んでよと言わんばかりにゴルダに飛びかかったかと思えば、そのまま押し倒した。
しかしゴルダは、押し倒されても動じずにされるがまま。
その後10分くらい一方的にシェリスにじゃれつかれたところで、フィルスはシェリスの頭に乗る。
シェリスはさほど気にする様子もなく、今度は他のリヴァルスウルフたちに注目されているアルガントのところへ行き、鼻先で転がす。
アルガントはそれに何するんだよという顔をし、若干機嫌を悪くしたようだ。

「かわいいじゃない」

「むー」

シェリスに鼻先で小突かれながらからかうように言われて、アルガントはさらに機嫌を悪くする。
それを見かねたフィルスはシェリスに

「機嫌悪くしてるから、これ以上はダメだよ」

と諭す。
しかしシェリスは聞く耳をもたずになおもアルガントをいじる。
やがて、流石にキレたアルガントがシェリスに噛み付いたところでゴルダが

「いい加減にしとけ」

と言ってシェリスはようやくアルガントをいじるのをやめた。

それから1時間後。
フィルスはリヴァルスウルフたちの様子をゴルダの頭に乗った状態で記録し、アルガントはゴルダから離れようとせず、シェリスはゴルダのそばで座ってくつろいでいた。
この状態は、まさにもふもふが3つでまさに3倍もふもふである。

「ねえ」

今さっきまで座っていたシェリスが、ゴルダに対して何やら意味深に誘うような仕草をしたのでゴルダは一言

「どういう意図かは分からんが、俺はやらんぞ」

と言い放つ。
するとシェリスは冗談よと言ってまた同じ場所に座る。
ゴルダはそれに何なんだと思いながらも、またもふもふに囲まれる。
しかし、先ほどのシェリスの誘うような仕草のせいか、他のリヴァルスウルフたちがゴルダ周りに集まってじっとこちらを見るようになった。
そのおかげか、余計にもふもふ度が増したのだが。

「うーむ」

異常なまでにもふもふに囲まれたゴルダは、物思いにふけるように呟く。
森の外からは強い風が吹く音がしており、早く帰らないと吹雪で帰れなくなりそうである。
リヴァルスでは初夏でもたまに吹雪くのだが、その吹雪は春のものよりも厄介。
それはなぜかと言うと、春の吹雪に比べて初夏から夏にかけて吹く吹雪は、とにかく止みにくい。
シェリス曰く、初夏から夏に吹雪が吹くと 最低3日は活動できないとか。

「帰ると言いにくいな」

シアに抱きつかれでもしない限り、ここまでもふもふに囲まれることもそうそうない上にフィルスはまだ記録を続けている。
なので、下手に動くことも帰るぞとも言えない。
これではまるで八方塞がりならぬ、もふもふ塞がりだ。

「ぬぅ、ついに吹雪いてしまったか。まあいい、座標指定テレポートで帰れないことはない」

そうこうしている間に、ついに吹雪く音が森の外から響いて来た。
一応、座標指定テレポートで帰れないことはないのだが。

「考えても無駄よ、今日は1日帰さないから」

シェリスに帰さない宣言をされ、ゴルダはただただむぅと言うだけだった。

テーマ:自作小説 - ジャンル:小説・文学

小説(交流) |

輝星とアルガティアたち-思わぬ初対面

今日も輝星はセイグリッドへやって来ていた。
しかし、今日は特に何か用事があるわけでもなくただ遊びに来ただけのようだ。
いつものように城の本館の方へ行くが、今日は事前に来るとは言ってないのでサフィは居ない。

「ああそっか、今日は行くよとは伝えてなかったからかあ」

サフィが居なくてもまあいいやと、輝星は普通に本館から別の場所へ移る。
やましいことをしなければ、城のほとんどの場所への出入りは一般市民にも許可されているので、よっぽどのことがなければ警備兵に呼び止められたりすることはない。

「アルカトラス様、ここに居るかな?」

と言って、輝星はいつもの調子で書斎へと入った。
しかし、そこにアルカトラスの姿はなく、代わりに

「こんにちは、初めましてかな?僕はエゼラルド」

見慣れない緑毛の竜と同じ毛色の額に石を宿した謎の生物に同じく謎の青い毛の額に石を宿した生物が居た。
挨拶をして来たのは緑毛の竜の方で、名をエゼラルドと言うらしい。
なお、謎の2人の生物は輝星を誰?とじっと見ている。

「こんにちは、ぼくは輝星。アルカトラス様は?」

一応の礼儀として、輝星もエゼラルドに挨拶を返してからアルカトラスはどこかと聞く。
するとエゼラルドは首を横へ振って

「今はアルと話し中だよ」

誰かの名前らしき一言と共に、今は話し中だと返した。
輝星は、アルって誰?と試しにエゼラルドに聞く。
しかしエゼラルドは

「もうすぐ戻って来るだろうから、会ってみた方が早いと思うよ」

と言って誰とは教えてくれなかった。
輝星は変なのと思いつつも

「その2人の名前は?さっきからすっごーく気になったてたんだけど。ねえねえ教えて?」

今だに誰?と自分を見ている謎の2人の生物のことをエゼラルドに教えてと頼む。
エゼラルドはそれに頷くと

「いいよ、緑毛の方は草のカーバンクルのイファルシア、属性的には僕と同じだね。青い毛の方はアルカトラスの血が入ってるけどカーバンクルのフィルスだよ」

それぞれ2人を紹介した。
輝星は、イファルシアとフィルスにももう一度挨拶をしてからアルカトラスが来るのを待った。

それから30分後。
暇を持て余している輝星にイファルシアは

「あんた、前に会った緑雲と花吹ってのと匂いが似てるけど。知り合い?あるいは同じような世界出身?」

輝星から漂う匂いが、緑雲と花吹に似ているので知り合いか同じような世界出身かを聞く。
それに対して輝星はゆっくりと頷いて

「知り合いと言えばそうだよ、緑雲と花吹ともぼくは仲がいいんだ」

と答える。
イファルシアはそれに対してそうなのねと一言言って輝星の頭の上に乗る。

「わあ、すっごくいい香りする」

頭の上に乗られ、そこから漂う匂いで輝星は若干興奮気味だ。
しかし、匂いを出しているのはイファルシアだけではないらしく、エゼラルドの方も柑橘類の匂いを少なからず出している様子。
イファルシアが出している匂いは、どうやらハーブ系統の物らしい。

「落ち着くなあ」

2つの匂いのせいで、輝星が骨抜き気味になっていると書斎の扉が開く音が聞こえた。
その直後にアルカトラスの声と、それとは別のサフィではない女性の声もした。
誰だろうと、輝星はイファルシアを頭から落とさないようエゼラルドの横腹辺りに隠れて様子を見る。

「杞憂になることは無かろう、万が一には我というカード切ればいい話だ」

「それだと地球の大国と同じ、譲らないところは絶対に譲らないつもり」

「ふうむ、どうするかは汝次第だ。最適解を見つけるが良い」

輝星がエゼラルドの横腹からそっと顔を覗かせて見たところ、そこには王族の正装と思わしきローブを身に纏った黒髪で緑目の女性がアルカトラスと話をしていた。
それを見た輝星は、とても綺麗な人だなと思いながらも顔を引っ込める。
その女性は、まだ輝星には気づいていないようであったが、このままではいつかは気付かれる。

「よーし、こうなったら」

ここで何を考えたのか、輝星はエゼラルドの毛の奥深くへと隠れようとした。
だがしかし

「イファルシア、そこに居たの」

あの女性が輝星の頭に乗っていたイファルシアに声を掛けたのだ。
なぜか見つかることに動揺を隠しきれない輝星は、どうしようかとあたふたする。
そして、何者かに肩を叩かれて輝星がゆっくり振り向くとそこには

「こんにちは?」

あの女性がしゃがんで話しかけて来ていたのであった。
それに輝星は完全に混乱して支離滅裂なことを言うが

「大丈夫、アルカトラスの知り合いでしょ?とりあえずは落ち着いて」

落ち着くように言われ、数分かけてなんとか落ち着きを取り戻す。
そして輝星は、自分からせねばと

「ど、どうも初めまして。ぼく次光竜王の輝星です」

その女性に挨拶する。
女性は表情こそは無表情だが、穏やかな目で

「現、聖リフィル王国女王のアルガティアよ。こちらこそよろしく」

自らの名をアルガティアと名乗り、挨拶を返す。
そしてそれを見ていたアルカトラスは

「あまり感心せぬ行為ではあるが、大目に見よう。次からはなるべく事前の連絡無しに来たらサフィに言って置くように。我も困る」

今度から事前の連絡無しで着たらサフィに一言言うようにと言ってその場に座る。
とりあえず事なきを得た輝星はほっとしてエゼラルドの横腹へもたれ掛かった。
その衝撃で、イファルシアが飛ばされたが本人は浮遊していたので問題はなかった様子。

「どうやら今日は何かをもらいに来たなどの用事で来たわけではなさそうだな、遊びに来たのか?」

「うん、用事なく来てみたいなって思って」

アルカトラスに用事ではなく遊びに来たのか聞かれ、輝星はそうだと答えた。
その返事を聞いて、アルガティアはこんなことを言う。

「暇つぶしの相手には困らなさそうね」

それに対してアルカトラスは

「我とて年中暇ではないがな」

と返した。
そして、今の今まで沈黙を守っていたフィルスが輝星に

「輝星は心が純粋すぎて光の属性との相性が良すぎるってレベルじゃないね。ちなみに属性ってのは特性や性格なんかでも相性が変わってくるよ」

心が純粋すぎるので光との相性が良いというレベルではないと言う。
フィルスが言うように、属性には使う者の性格や特性などでも大分相性が変わってくるのだ。
たとえば、前述したように光は光が純粋なほど相性は良くなる傾向にある。
エゼラルドやイファルシアのような草の属性は、自然を大事にし、かつ自然の中で暮らしていた者ほど相性は良くなるのだ。

「アルガティアという例外もごく稀に居るけどね。あそこまで精神が混沌としているのにこの世界の属性全てとそこそこの相性があるよ」

フィルスの話を黙って聞いていた輝星は、聞き終わってすごいやという顔をする。

その後、輝星はアルガティア達と様々な話をして満足して帰ったとか。

テーマ:自作小説 - ジャンル:小説・文学

小説(交流) |
| HOME |