FC2ブログ

氷竜の創作部屋

創作(一次・二次混同)の中でも特に小説を掲載

ルナリアとラトレナスと-蘇るは姉妹の記憶

今日のゴルダは、アルガントとルナリアを連れて聖リフィルへと来ている。
その理由とは単純明快で、アルガティアがどういうわけだかルナリアの存在を察知していたらしく、いきなり単刀直入に来なさいと言われたからだ。

「めんどくさいものだ」

「あそこ?」

「らしいよ」

流石に3人まとめて座標指定テレポートは聖リフィルとの距離を考えれば今のゴルダには無理があったので、南部の港から出ている高速船を使って向かっていた。
ドランザニアから聖リフィルまでは、この高速船で1時間ほど。
ゴルダがずっと客席で学会誌を読んでいたのに対し、ルナリアとアルガントは船内のあちらこちらを散策していた。
だが、後10分で着くという船内放送を聞いてゴルダは2人と甲板へ出て降りる準備をし、自分は近くの椅子に座ってアルガントとルナリアが危ないことをしないよう見張っていた。

「わー自然いっぱい」

「この世界で最も人の手が入れられてない土地の面積が広い国だよ」

ドランザニアにはない自然を見て感心するルナリアに、アルガントはこの聖リフィルがこの世界で最も自然の残る国だということを説明していた。
ゴルダはそれを無表情に見つめているだけで、何も言わない。

やがて船は聖リフィルで唯一の港に接岸し、降りれるようになった。
ゴルダはそそくさと2人を連れて船を降り、城の方へと向かう。

「あら、こんにちは。姉さんなら待ってるわよ、国務しながらね」

城へ入るとすぐにゴルダはイレーヌと会った。
今日はエゼラルドには乗っておらず、畑仕事の服装で鍬を持っていた。
ゴルダはなんともなくおうと返すが、アルガントとルナリアはイレーヌを見て、誰この人という顔をする。
それを見かねたゴルダは、一応イレーヌがアルガティアの双子の妹である事を2人に説明。
その説明で一応2人は納得したようだが、双子というものに引っかかりを感じているようだ。

「ほら、行くぞ。イレーヌと話す時間はいくらでもある」

後でなとイレーヌに言い、ゴルダは2人を連れてアルガティアの書斎へ向かう。
書斎では、いつも通りイファルシアがアルガティアの頭に乗り、その横ではフィルスが黙々ともはや趣味となった翻訳をしている。
だが、いつもと違う光景がそこにはあった。
椅子に座って書類を片付けているアルガティアの膝の上に、蛍光系の赤毛の竜が座っていて、書類の片付けを手伝っている。
どうやら、この竜がラトレナスのようである。

「…?」

そしてラトレナスを見た瞬間、ゴルダは奇妙な既視感に襲われた。
なぜだか分からないが、ラトレナスと自分は会ったことがある。
そして、とても口には出せないようなことまでした記憶まであるのだ。

「これは…パラレルワールドの己の記憶が刻まれている現象か?」

そして、ゴルダは今度はまるで流砂にじわじわと飲み込まれていくような奇妙な時間感覚を感じた。
脳の記憶を司る部分が極限まで覚醒され、覚えのない記憶がフラッシュバックする。
だが、このフラッシュバックが起きた瞬間

「おにーたん」

ルナリアに揺さぶられ、ゴルダは我に返る。
気づけば、イファルシアが眼前まで近づいてきてじっと見つめていたのでゴルダはイファルシアを引き離す。

「いらっしゃい」

「にゅ、こんにちは」

アルガティアとラトレナスに挨拶され、ゴルダはいつも通り顔の前で手を合わせてお辞儀をする。
この挨拶の仕方は、ゴルダもいつ覚えたのかしらも分からないもの。
だが、当の本人は気に入っているので使っているに過ぎない。

「あ、おねーたん」

ここでようやくラトレナスがルナリアに気付いて近付き、むぎゅと抱きつく。
それをゴルダは見ることもなく、また自分を見つめていたイファルシアを何だという顔で見る。
そして数分の時間が経過しただろうか。
今だラトレナスと抱き合っていたルナリアは、突然何かを思い出したような顔をして

「あー、おにーたんのこと思い出した」

と呟く。
ゴルダはそうかそかと、抱きなさいと言われて抱いているイファルシアを抱きながらラトレナスとルナリアを見ていた。
なお、蚊帳の外になっているアルガティアとフィルスとアルガントはその様子を今まで静観していて、今も黙って見ているだけである。

「おにーたん、記憶取り戻したからには前みたいにはいかないからね」

ピッとルナリアに指を指され、ゴルダははいはいと答えた。
だがその返事ではルナリアが気に入らなかったようで

「はいは1回だよおにーたん、じゃないとレールガンしちゃうよ?」

はいは1回と注意する。
その注意の一言の中に、やたら物騒な言葉が紛れていたが誰もそれに突っ込まない。
それどころか、ラトレナスはルナリアらしいという顔をしていた。

「それで、なぜルナリアの事を?」

ここでゴルダは、アルガティアにどうやってルナリアの事を知ったのかを聞く。
アルガティアが何を考えているかは、幼少期を共に過ごしたゴルダですら分からないのでこうやって本人に聞くのが手っ取り早いのだ。
その問いに、アルガティアは抱っこを要求してきたアルガントを抱きながらこう答える。

「夢、それだけ」

答えは意外にもシンプルで、夢とのことであった。
ゴルダはそうかと答えて抱いていたイファルシアを頭に乗せて近くの椅子に座る。
ラトレナスとルナリアは、ほったらかしている間にいちゃいちゃし始めており、完全に2人の世界に入っている。
フィルスは動かざること山のごとしと言わんばかりに翻訳を続けていて、話しかけても無視する雰囲気を放っていた。

「お昼は?」

「朝飯は食って来たが昼飯はまだだ」

「食べて帰ったら?」

「そうさせてもらう」

この後、ゴルダはアルガティア達と昼飯を取り、そのまま帰った。
ルナリアはラトレナスとまた離れるのを好ましく思ってはいないらしく、帰る時の機嫌は相当悪かったという。

テーマ:自作小説 - ジャンル:小説・文学

小説(交流) |

アルガントとサフィ-同属性持ちとの関わり

今日のゴルダは、アルガントとセイグリッドへ来ている。
それはなぜかというと、サフィが突然アルガントを連れて来いと言ってきたから。
何でまたと思ってはいたものの、とりあえずは暇ということで連れては来たのだ。

「よっぽどの暇人ねあんた」

「依頼が来なければどうしようもないだろ」

アルガントを連れてきたゴルダに、サフィは煽りをかけたがそれに対してゴルダは流すようにいつもの一言で黙らせる。
それに対してサフィも、まあそうよねとこちらも同じパターンを返す。
そして、アルガントを見て

「あらかわいいじゃない、連れて行っても?」

「構わん」

連れて行っていいかとゴルダに聞くと、構わんという返事が返って来たので連れて行く。
アルガントは、どこかしらサフィに親近感を抱いたのか、特に嫌がることもなくサフィについて行った。
ゴルダはそれを見送り、シア所へ向かった。

サフィはそのままアルガントを自室へ連れて行き、ベッドの上に座らせる。
仕事はサマカンドラに一応任せているので、何ら問題はない。
色々とサフィが準備している間、アルガントはちょこんと座ったままその様子をじっと見ていた。

「こういうの見ているの楽しい?」

「うん、楽しいし面白い」

それを見たサフィは、アルガントに見ているのは楽しいかと聞くとアルガントはうんと頷く。
サフィはそうと淡々と返し、アルガントの横に座る。

「闇竜にしてはというか、闇属性にしては随分変わってるわね。何というか、闇属性特有のプライドが無いというか」

「持ってても仕方ないもん」

闇属性特有のプライドを持っていないのねとサフィに言われ、アルガントは持ってても仕方ないと答える。
その答えに同意するかのように、サフィはアルガントにこう言う。

「そうよね、あんなのを堅守してても仕方ないわ。堅苦しいだけだし」

堅苦しいという言葉に反応したのか、アルガントはそうそうと呟く。
とここで、サマカンドラが緑茶と羊羹を持って部屋へ入って来た。
サフィが飲むのは、何も紅茶やコーヒーに限らない。
地球に居た時は日本にも行ったことがあり、そこでは緑茶しか飲まなかったほどだ。

「緑茶は飲める?」

「あまり熱くなかったら」

「羊羹は?」

「食べれる」

端から聞いていれば、何やってんだという会話を2人は交わした。
それをサマカンドラは、特に何も言わずにニコニコしてその場をしのいで部屋を出て行く。
湯飲みにサフィが茶を注ぎ、ぐいと飲んだ時に普通の人間ではあり得ないほどに発達した八重歯を見てアルガントは

「あっ…」

という声を漏らす。
その声をサフィが聞き漏らすはずも無く、いきなりアルガントを抱き上げて自分の目線まで持って来て

「薄々、気付いてたでしょ?私が吸血鬼だってことが」

と脅すような口調ではなくやんわりした口調で聞く。
アルガントは最初は驚いていたが、別にサフィが怒っているわけでは無いと分かり

「最初に会った時、闇属性特有の匂いがしたから分かってたよ」

最初に会った時にはもう分かってたと言う。
サフィはそれを聞いてアルガントを膝の上に下ろし、羊羹を少し取るとそのままアルガントに食べさせた。

「あんた、中々興味深いわ」

その頭を撫でながらサフィは穏やかな口調でアルガントに言う。
頭を撫でられたアルガントは、きゅんと言って八重歯を見せながらこれまたニッコリした。
この様子から分かるように、アルガントはサフィにほぼ完全に懐いたようであった。

テーマ:自作小説 - ジャンル:小説・文学

小説(一次) |

バハムートとアルカトラス-プライベートに付き合ってくれ

少々雲が出ている天気の中、バハムードは城の庭で槍の鍛錬をしていた。
庭には城にやって来た者達の話し声の他は、バハムードが槍を振り回した際に出る風を切る音しかしない。
そんなバハムードのところへ、なぜか暇そうなアルカトラスがやって来て

「汝は今空いているか?」

と鍛錬に感心している表情で聞いてくる。
バハムードはそれに対して

「どうせ槍を振り回してるだけだから暇だが、どうした爺さん?」

暇だがと答えて、なぜそう聞いたかの理由を聞き返す。
するとアルカトラスは、わずかに尻尾を揺らして

「我のプライベート、買い物に付き合わんか?」

自分のプライベートもとい買い物に付き合わないかと聞いてきた。
周りが少々ざわざわしているので、バハムードはよく聞き取れなかったが、買い物という単語だけは聞いていたので頷いて了承する。
アルカトラスは、バハムードが頷いたのを見てそうかそうかと呟くとついて来いと言わんばかりに背を見せて歩き出す。
バハムードは槍をどこかへしまい、アルカトラスの後を追った。

「様変わりしたなあここも、そりゃ100年近く経てばそうなるわな」

アルカトラスがやって来たのは、セイグリッドの城下町から少し外れた店がぽつぽつと建ち並ぶ地区。
ここに店を構える者達は、城下町の賑やかすぎて騒がしい環境を嫌い、このような静かな場所を選んだのだ。
こんなところにある店は、しょうもない店だけしか思えないがそうではない。
アルカトラスから老舗の太鼓判をされた店がここには数多くある。
その老舗群の中で、アルカトラスが最初に入ったのは羽ペンなどの文具を扱う店。
この店は、アルカトラスが国務で使っている羽ペンなどの文具の9割を納入している。
アルカトラスは特にこの店では何もせず、今年度もよろしく頼むと言う挨拶に来ただけであった。
その後もアルカトラスは各老舗に挨拶をして回る一方、買い物もしていたが自分で済ませていたので、バハムードは完全に蚊帳の外だった。

「爺さん、挨拶回りだけなら俺必要ないだろ?」

全てに挨拶回りを終えたところで、バハムードはアルカトラスに痺れを切らしてそう聞く。
するとアルカトラスは、少し黙り込んだ後で

「ううむ、では今度こそは少し付き合ってもらう事になる場所へ行こう」

と、急に改まったように言ってバハムードに背に乗るよう促す。
どうやらセイグリッドを離れ、別の場所へ行くらしい。
バハムードが背に乗ったのを確認し、アルカトラスはリヴァルスの方へと飛ぶ。

「うえ、寒い」

そのまま飛び続けてアルカトラスが降りたのは、リヴァルスの城下町のど真ん中の広場。
しかも雪が降っており、バハムードが寒いと言うのも無理はない。

「ここだ」

そして、アルカトラスがバハムードを連れてきた場所とはいかにもな鍛冶屋。
バハムードには、何故連れて来られたのかが理解できなかったがそれなりの理由があるのだろうと割り切る。

「お前さんか、持ってる槍出しな」

鍛冶屋の親方は、バハムードに持っている槍を出すよう言う。
それに応じるかのように、バハムードはすんなり親方に槍を渡した。

「これは…また作りが特殊だな、だがまあいいさ」

親方はどこか引っかかるようなことを言い、バハムードに槍を返して奥へ引っ込む。
数分後、カンカンと鎚を打つ音が聞こえ始めた。

「なんでまたこんなところ連れて来たんだ爺さん?」

ここでバハムードはアルカトラスに何故こんなところに連れて来たのかを聞く。
だが、アルカトラスは何も答えない。
それから3時間ほど経過したころ、親方が新調した槍を持って来た。
その槍は、今のよりも少し短く持った感じとしては今のよりも軽い。

「汝にはこれからは我の護衛役を勤めてもらう、これはその証だ」

「ああ、そういうことか」

新しい槍を渡されると同時に、護衛を勤めてもらうと言われバハムードはそういうことかと納得。
こうしてバハムードは、正式にアルカトラスの護衛役となったのであった。

テーマ:自作小説 - ジャンル:小説・文学

小説(一次) |
| HOME |