氷竜の創作部屋

創作(一次・二次混同)の中でも特に小説を掲載

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

設定のあれこれ(アイテム、技術、etc)

・ECS(Electronics Chant System:電子詠唱システム)
賢者の竜の里で開発された、現代文明と魔法を掛け合わせた魔法の才が無いものでもある程度の魔法を使えるようにするシステム。
部類上はクラウドコンピューティングに位置づけされる。
詳細は極秘扱いなので不明だが、里の重要区画に主サーバを設置。そこへ専用のソフトが入ったクライアントなどを通してアクセス。使用したい魔法を選択して使うというもの。
既に簡単な魔法であれば実用段階に至っているものの、サーバーの消費電力がスーパーコンピュータ数百台分(推定)に及び。その電力を補う発電機を今のところ里には置けないがために計画は凍結中。

・大陸竜医学会(大陸幻想獣医学界)
ドランザニアの竜医を束ね、竜医師試験の主催や各種研究などを執り行う機関。本部は光竜王国セイグリッド在。
現在の会長は1000歳を超える賢者の竜で、そろそろ引退の時期ではあるが一向に後任者を出さないので天寿を全うするまで会長の座を譲らないのではないかと言われている。
元は大陸幻想獣医学会からの分家のようなもの。現在は大陸幻想獣医学会の傘下。

・煙草のようなもの
ゴルダがいつも吸っているもの、ニコチンやタールは一切含まれていないが。煙の量が尋常ではない。
いざとなれば煙幕としても使えるらしい。もちろん臭くない。
種類は多種多様だが、コンビニやスーパーなどでしか買えない。

・賢者の竜の里
聖リフィル王国中部の外れに存在する賢者の竜とそれらの協力する者達が住む場所。
周囲は武装した警備兵が配置され、対空魔法レーダーなどもそろっているので潜入は玄人でも難しい。
地上は施設が建ち並び、一見基地と見間違えることもある。
その地下には、巨大な研究施設及び居住区と発電所が設置されていてそこで日夜文理を問わない研究などが行われていると言う。

・異界文明犯罪対策機構
日本ならば警視庁、アメリカならFBIといったような組織にその国の支部が置かれており。ドランザニアの文明(魔法etc)を使った犯罪を取り締まっている。
各国の支部のネットワークは張り巡らされており、その国の支部だけで手におえない場合は、他国から応援が来ることもしばしば。
設定のあれこれ(アイテム、技術、etc)…の続きを読む
スポンサーサイト
創作関係全般 |
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。